【ロンリー・ハーツ・キラー事件とは】
1940年代後半、アメリカで発生したカップルによる有名な連続殺人事件。マーサ・ベックと結婚詐欺師のレイモンド・フェルナンデスは文通で出会い恋に落ち、マーサは兄妹と偽りレイモンドの稼業に共謀。嫉妬により詐欺相手の女性たちを次々に殺害。計20名以上の犠牲者を出し、1951年3月8日、ふたりはNYのシンシン刑務所にて電気椅子にて処刑された。
【題材にされた映画】
愛ゆえの衝動的な逃避行と殺人というテーマから、本事件は幾度も映画化されてきた。『ハネムーン・キラーズ』(70)から始まり、スペインの『ディープ・クリムゾン 深紅の愛』(96)、『ロンリーハート』(06)、そして最新作が『地獄愛』(14)となる。